赤羽のキャバクラにくる客層について徹底解説

赤羽は、東京都と埼玉県の境に位置する北区の北部に位置します。

「北の玄関口」とも呼ばれ、流通や商業が発達したこの街のキャバクラには、どんな客層がくるのでしょうか?

この記事では、そんな赤羽のキャバクラにくる客層について解説しています。

赤羽のキャバクラにくる客層はどんな人?

画像引用元:https://bunshun.jp/articles/-/10778

北区赤羽は、庶民派の居酒屋が多い街としても有名です。 

1000円でベロベロに酔っ払える、”センベロ”ができるお店を求めて、仕事帰りのビジネスマンや昔から地元に住んでいる人たちが繁華街に足を運びます。

そのため、客層としては新規客が多く訪れる新宿や六本木などと違って、先に述べた仕事帰りのビジネスマンや地元に昔から住んでいる人たちが多いでしょう。

赤羽のキャバクラで客層がいいお店3選

赤羽には新宿や六本木ほどではありませんが、キャバクラが数店舗連ねます。

その中でも、客層が比較的に良好なお店を3店舗ご紹介します。

Club Rizze(クラブ リゼ)

画像引用元:https://www.tainew.com/shop/view/14332/

Club Rizzeは、企業が経営している、つまり法人経営しているキャバクラです。

会社が間を持ってくれているので、態度の悪い男性の入店を拒んでくれます。

ソワレ

店内がシックで大人な雰囲気なので、来店するお客様の層もそれなりに良い層ばかりです。

ミネルヴァ

ソワレ以上に店内がシックに仕上がっています。客層が比較的良く、未経験でも時給3500円以上なので赤羽でも人気の店舗となっています

 

30代以降のキャバ嬢におすすめの、赤羽にある熟女キャバクラでおすすめの店舗も紹介しています。
知名度の高い店舗ばかりなので、参考にしてみて下さいね。

関連記事『赤羽にある熟女キャバクラ店舗紹介