赤羽のキャバクラ紹介④コスプレキャバクラ

赤羽のキャバクラ求人の中でも、唯一のコスプレキャバクラが「コスプレキャバクラ Dearer(ディアラ)」です。
あらかじめ着用する衣装が決まっているので、自分で洋服を購入する必要はありません。

このコスプレ系キャバクラには一体どんな魅力があるのでしょうか?

コスプレキャバクラ Dearerで働く


画像引用元:http://alkilabs.com/dearer

「Dearer(ディアラ)」は赤羽駅の南改札東口から徒歩2分の駅チカ店舗。

こちらのお店は店舗スタッフがしっかりしているので、泥酔したお客様や以前お店でトラブルを起こしたお客様は入店禁止になっています
キャバクラ店の中には泥酔客を店内に案内してしまう困ったお店もありますが、こちらは安心して働けます。

衣装を借りるとレンタル料を経費として差し引かれてしまうケースも多いなか、こちらのお店では衣装代が無料なので報酬から余計な経費を引かれる事がありません。
鍵付きのロッカーも完備なので私物を盗まれるような事も皆無です。

衣装はセーラー服とドレスなど、毎日がハロウィンのようなノリ(JK制服メインのお店です)。
お店も広めで照明も明るいので、暗い店内で胸やお尻を触られるリスクも低め。
接客やスタッフの対応に対しての口コミはかなり良く、カラオケもあり店内は清潔で広いと評判
リピーターの顧客もいますし、フリー客も多いため稼ぎやすいお店となっています。

JK制服が苦手な方はドレスなどでもお仕事出来ますので、好きな衣装で活躍出来ますよ。
店舗スタッフに対する評価が非常に高いお店なので、困った事があればいつでも相談にのってもらいましょう

コスプレ系キャバクラのメリット


Dearer(ディアラ)のようなコスプレ系キャバクラは、コスプレ好きな顧客にとってまさにオアシス。
制服やメイド服を見ると「萌え~」と気分が盛り上がる男性も一定数いるので、フリー客も必ずやってきます。
今の時代、個性のないキャバクラの方が苦戦するかもしれません。

キャバ嬢がコスプレをするお店ですが、もともとコスプレが好きでコスプレ系のガールズバーやメイド喫茶などで働いていた方は採用される可能性が高くなります
逆に制服やメイド服、アニメキャラのコスプレに心理的な抵抗がある方は働きにくいかもしれませんね。

ただ制服やメイド服自体が好きな顧客はそのような服装でいてくれるだけで満足してくれる傾向もあるため、キャバ嬢の体形や顔などルックスが多少個性的でも許してもらえる面もあるんです
また「この年齢で制服とか恥ずかしいんだけど…」と恥じらうキャバ嬢に「萌え~」な顧客もいるので、意外と働きやすいのがコスプレキャバクラなんですね。