赤羽のキャバクラ紹介③私服で働けるお店

キャバ嬢の衣装といえば、やはり煌びやかなドレスが思い浮かびますよね。
ゴージャスなロングドレスや美脚を惜しげもなく披露出来るミニドレス、赤や黄色など原色でインパクトの強いものや、スパンコール付きで派手なドレスなど様々。

キャバ嬢がドレスを着るのは非現実的な雰囲気を演出するためだったり、二の腕や背中、足を大胆に披露する事で女性らしさをアピールするといった狙いがあります。
でも誰でもドレスを着れば綺麗に見えると言うわけではありません。

人によってはスーツ姿の方がキリッと締まって見える事もありますし、ゆるめの服装の方が似合う方もいますね。
そんな方におすすめなのが私服OKのキャバクラ
赤羽にも私服OKのお店があるので、早速ご紹介したいと思います。

キャンパスカフェ ぶどう園で働く


画像引用元:http://snacknavi.com/area/keihin_touhoku/akabane/8305/budouen/

赤羽駅東口から徒歩5分の所にある「キャンパスカフェ ぶどう園」は赤羽のキャバクラ求人の中でも数少ない私服OKのお店。
なぜぶどう園という店名なのかはお店に入ると分かります。
店内のソファーや椅子はすべて薄めの紫色。
ぶどうのような色なのでぶどう園なんですね。

こちらのお店、私服で働けるだけではなく面接時に履歴書が要らないのも大きなメリット
面接に履歴書が要ると履歴書を書くだけでも本当に面倒ですよね。
身分証明書だけで面接出来るので楽チンなんです。

さらに全額日払いなのもかなり嬉しい点です。
短期間だけ働くのもOKなので、働ける時間や回数なども相談出来ますよ。

そして私服通勤の店舗なので、仕事用のドレスを用意したり髪型をドレスに合うように整える必要はありません
ヘアメイクをお店専属の美容師にお願いすると1回で1,000~3,000円前後かかってしまうので経費カットになりますよね。

もちろんドレスのレンタル代も必要ないので報酬の手取り額を増やせるんです
キャバクラで私服OKのお店は少ないのですので、「キャンパスカフェ ぶどう園」はかなり狙い目ですよ。

私服で働けるキャバクラのメリットとは?


私服で働けるキャバクラのメリットはまず、へアメ着替えの手間が一切かからないこと。
私服のままお店で接客出来るので、専用の衣装に着替えてキャバメイクやヘアセットをする必要がありません。

これは時間のカットになるだけではなく経費のカットにもなります。
ヘアメイクや衣装(ドレスや靴、クラッチバックなどの小物)のレンタルにはそれなりの費用がかかりますが、そんな経費はキャバ嬢が負担するお店がほとんど
だから少しでも手取り額を増やしたいなら私服OKのお店を選ぶと良いでしょう。

自分の好きな洋服を着ているので、女の子が自然に振る舞えるのはお客様から見てもメリットになりますし、もちろん特別な日はドレスを買ってお店で着用する事も出来ます。
自由度が高いのも私服勤務店のメリットですね